http://www.hrks.jp/saiken_3/(債権回収マニュアル・不良債権110番)

・・・・障害を取り除くには?

(1)売掛未収金・債権回収 不能・困難・不可はなぜおきるか?

■相手の債権者と連絡が取れない、

或は、郵便物の受け取りを拒否された時に、

書面の効力が発生しないので、回収実務を進捗することができず、

回収が困難になります。

 

(2)売掛未収金・債権回収 不能・困難・不可の重要な点とは?

■売掛未収金・債権回収で最も重要なことは、

速く回収のためのアクションを起こすことですが、

実務のスタートができないのです。

その為に必要な事は、直接訪問し面談によって、

回収の意図を伝え、問題を認識してもらうことが重要です。

 

(3)売掛未収金・債権回収 不能・困難・不可に必要なこととは?

■約定日から1か月を経過した場合は、内容証明郵便を出しますが、

受け取りを拒否された場合は、すぐに支払い督促の手続きを開始します。

内容証明は、基本的に私信の配達ですが、

支払い督促の手続きの送達は、特別送達という裁判所からの、

送達書類なので、拒否されにくいからです。

 

(4)売掛未収金・債権回収 不能・困難・不可における問題点とは?

■支払い督促の送達も拒否されることがあります。

売掛金未払いの常習者などが、行う手口です。

その場合は、債務者がその住所にいることを証明できる、

写真などを根拠に、督促を公示公告により進めることができます。

 

(5)売掛未収金・債権回収 不能・困難・不可への対応とは?

■「債権回収マニュアル 110番」を使い、最小限の実務で、

売掛未収金・債権回収における問題を解決することです。

■それぞれの問題に速やかに対応し、

時間を無駄にせずに、売掛未収金・債権回収業務を実行すべきです。

 

  • 今日の検証(Check)

・債権回収の問題への対応策を理解しているか?

・売掛未収金・債権回収を不能・困難・不可とする原因を把握しているか?

・債務者と回収のための面談をしているか?

  • 今日の実践(Do)

・債権回収の問題へ即対応する!

・売掛未収金・債権回収を不能・困難・不可とする原因を追究する!

・債務者と回収のための面談を至急行う!

http://www.hrks.jp/saiken_3/(債権回収マニュアル・不良債権110番)