http://www.hrks.jp/saiken_3/(債権回収マニュアル・不良債権110番)

・・・・費用や期間や手間はかかるのか?

(1)売掛債権回収の取り立て方法・費用・実務とは?

■支払い約定日から1か月を経過した場合は、内容証明郵便を出します。

内容証明郵便送達から1週間後には、支払い督促の手続きを開始します。

内容証明郵便は。文字数により課金されますが、通常の請求書を文書化するので、1,500円前後で発送可能です。支払い督促は、東京の場合は、1,080円と必要な郵送費や謄本の取得費用など3~4,000円程度の費用しか掛かりません。

(2)売掛債権回収の取り立て方法・費用・実務の重要ポイントとは?

■費用が掛からないから良いのではなく、

債権回収の一件々の個別な案件に対応し、

必要十分な実務を行うことが重要ポイントです。

回収することが、課題であり、それぞれの実務は、

方便・方法であり、単にプロセスだからです。

(3)売掛債権回収の取り立て方法・費用・実務に必要なことは?

■回収するゴールに向けて、

必要な実務を、早くこなすことが必要です。

複雑な書類はありませんので、「債権回収マニュアル 110番」に従い、

速く行動をし、それぞれの案件に必要な手続きを進める必要があります。

(4)売掛債権回収の取り立て方法・費用・実務における問題点とは?

■目的は、売掛未収金を回収することであって、

法的な知識ではなく、回収を早めるための実務が先行すべきです。

知識の習得や様々な選択を検討するのではなく、

回収のための、効果的な実務を進捗させねばなりません。

(5)売掛債権回収の取り立て方法・費用・実務における成果とは?

■速やかに売り掛け未収金を回収することです。

「債権回収マニュアル 110番」のチャート表に従い、

なるべく早く問題解決できれば、

通常業務に集中し、業績向上を目指すことができます。

 

  • 今日の検証(Check)

・債権回収する必要十分な実務を理解しているか?

・売掛未収金・債権回収のための行動を起こしているか?

・必要最小限の実務を行っているか?

  • 今日の実践(Do)

・債権回収のための必要最小限の実務を把握する!

・売掛未収金・債権回収のための行動を今起こす!

・売掛債権回収を早く済ませ通常業務に戻る!

http://www.hrks.jp/saiken_3/(債権回収マニュアル・不良債権110番)